NEW 明和酒家 大須の中華料理店


2015年1月現在のメニュー

2015/01/07 15:32 に Toy S が投稿   [ 2015/01/07 15:35 に更新しました ]

Google+ Post


4月消費税対応価格

2014/04/19 16:52 に Toy S が投稿   [ 2014/04/19 16:53 に更新しました ]

掲載メニュを新消費税対応としました。価格は全て税込みです。

秋冬恒例 明和特製麻辣鍋

2013/10/20 14:04 に Toy S が投稿   [ 2013/10/20 14:04 に更新しました ]

写真はコース料理のイメージ

今年もそろそろ始めます。

痺れと辛さに和のテイストをプラス。 
骨付き肉と大ぶり大根を独特の香辛料で煮込んだ特製鍋。 
カブリついてスープを飲んで1杯で2倍美味しくいただけます。 
鍋の〆にはラーメンセットかうどんセットをどうぞ。 これで体の芯まであたたまります。

コース料理は10月中に発表できるとおもいます。






火曜特売はじめます

2013/05/21 17:18 に Toy S が投稿

アサヒスーパードライ 生中ジョッキ ・・・ 250円


暑い日が続きます。個人的にもビールが飲みたい。

気軽にビールが飲めるように火曜日限定250円で提供します。

「来週火曜日 明和酒家でね♪」って感じでご利用いただければ幸いです。





冷やし中華はじめてます

2013/05/17 17:43 に Toy S が投稿   [ 2013/05/17 17:44 に更新しました ]

冷やし中華 680円

プリプリのエビ、シャキシャキのサラダ、モチモチの麺。

名古屋でお約束のマヨネーズ付きです。

勿論ラーメンセットにも登場しますよ。



広西省 その5(四川省の地震)

2013/04/26 5:59 に Toy S が投稿   [ 2013/04/26 16:36 に更新しました ]

四川省で震度7の地震


朝8時頃ホテルで揺れを感じた時は逃げる準備をしました。
旅先で地震に会うのは怖いですね。滞在した南寧はそれ程ゆれてません。
(写真は広東料理店のTV映像)



広東料理店で朝茶

地震の後で、朝の飲茶へ地元広東料理店に向かう。プーアル茶とお粥、点心の組み合わせです。お茶の醗酵が胃腸を活発にし朝茶に最適です。




四川料理を食べる

予約した四川料理店を訪ねるのが地震の後で複雑な気持ちです。
手前は水煮魚片、右奥は蛙の辛子炒、左奥は家鴨の口水鶏。お馴染みの四川料理。



広西省 その4(東興市から越南へ)

2013/04/25 3:10 に Toy S が投稿   [ 2013/04/26 6:16 に更新しました ]

驚愕の旨さ!ベトナム・コーヒー


東興市から陸路でベトナムへ。

コーヒーの味にカルチャーショック。信じられないほど旨い。旨さの秘密はわかりません。世界チェーンのカフェラテが缶コーヒに思える程。この店が旨いのか。全てのベトナムコーヒーが旨いのか?





冷たいエスプレッソに濃縮したココアとバターをトッピングした様な味。


広西省 その3(夜南寧)

2013/04/25 0:19 に Toy S が投稿   [ 2013/04/25 0:37 に更新しました ]

夜店で晩ごはん

南寧はASEAN諸国の貿易上重要な都市だそうです街全体工事中のような状態で凄い活気です。中国1月-3月GDPが下がった等どこ吹く風に見えてきます。

ベトナム国境も近く、心なしか南国の顔をしていらっしゃる方が多いです。

料理はどうなの?というと広東省の隣ですから、あっさり薄味で素材をいかした料理が多いですね。


瀋陽1名、桂林1名、南寧3名、日本2名の布陣

夜店で食事。家鴨、河魚、春巻き、豆腐、青菜炒め、焼きそば(米粉)等。こんなに美味しい料理を毎日食べれる地元の人がうらやましい。 


写真左端はあひるの頭と下顎、舌。あひるは癖になる味です。

広西省 その2(昼南寧)

2013/04/24 20:41 に Toy S が投稿   [ 2013/04/25 16:01 に更新しました ]

老南寧にてお昼ご飯










南寧市は沖縄より南に位置します。この日は30度越え。暑いです。




広西省のファーストフード

といえば米粉です。大体1杯70円から150円位。特に桂林米粉は有名で広西省のどの街にいってもあるそうです。(大須にもありますね。)

写真のお店は地元の有名店で、お客さんがひっきりなしに来店してます。厨房のおばちゃんを見てると普通の米粉より二手間ほど余分にかかっているようですね。(他店では作り置きする具材をその都度作っている様子。)その分味は美味しいです。

瀋陽1名、桂林1名、南寧1名、日本2名の布陣

広西省 その1(桂林)

2013/04/24 19:57 に Toy S が投稿   [ 2013/04/26 6:14 に更新しました ]

桂林の隠れ家のようなレストランにて

今年2回目のインフルエンザを患って6日目。熱が下がって3日経過しているので大丈夫でしょうと中国に出発。
(3回目は鳥インフルエンザか? とからかわれました。気にしません。

結構な山奥。食堂のオジさんが「隠れ家」、「デザイナーズ」なんて言葉を知りえる筈がないのに、Casa Brutusに出てきそうなファサードです。(私には初期フランク.O.ゲーリーにみえました。) 客席は全てキャンドル照明。(電気がないから。)

究極の地産池消

店先をウロウロしている家鴨、目前の河で取れる淡水魚やタニシ。それを蒸し・炒め・煮込みます。まずい筈ないです。
右写真の黒いかたまりはタニシ(肉詰め)。シソの葉と一緒に料理するため色は悪いが絶品!
瀋陽1名、桂林2名、南寧1名、日本1名の布陣

マイクロソフト撮影隊

食堂のすぐ裏手にマイクロソフトが撮影を行った場所があると聞き早速記念撮影。本当に美しい処です。 


1-10 of 34